福岡県 筑紫野市の歯科医院  二日市駅ビル歯科クリニック【一般歯科・小児歯科・矯正歯科・ホワイトニング・レーザー治療】
ホーム > 妊娠中の治療

妊娠中の治療

通常の歯科治療は、比較的つわりなどの症状が少ない安定期 (5 か月から 7 か月) であれば問題はないでしょう。 胎児に影響を及ぼす可能性がある妊娠初期や、母体に負担がかかる妊娠後期は緊急性がない限り 口の中の衛生指導や応急処置にとどめます。 妊娠時期に合わせた処置を行いますので、お気軽にご相談ください。
※受診の際には、母子手帳を提示してください。また、産婦人科医から注意を受けていることがあれば必ず伝えてください。


 筑紫野市 筑紫野市在住の方は、妊娠中1回歯科検診を無料で受けられます。

妊娠中に起こしやすい疾患について 妊娠中はつわりやホルモンのバランスの関係から以下のような疾患を起こしやすいので注意が必要です。

1.虫歯:妊娠初期は、つわりにより十分なブラッシングが難しく、虫歯の発症や進行のリスクが高くなります。
2.妊娠性歯肉炎:妊娠中に分泌量が増える女性ホルモンにより、少しの細菌の刺激でも歯肉の腫脹、出血を引き起こします。
3.妊娠性エプーリス:虫歯、歯石、不適合修復物と女性ホルモンが原因で、歯肉が腫瘤のようにふくらみます。



歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低多重出産の危険リスクと言われており、虫歯の菌は 母子感染により生まれてくるお子さんの虫歯の罹患リスクを高めることになります。 妊娠中の口腔疾患の多くは、きちんとした管理が出来ていれば悪化することはありません。 特に(2)(3)は、歯科医師あるいは歯科衛生士の適切なブラッシング指導や口腔内清掃 (PMTC) により、その発症を予防できます。



二日市駅ビル歯科クリニック
〒818-0072 福岡県筑紫野市二日市中央6-1-1 西鉄二日市駅西口1階
092-923-8510(予約優先制)

Copyright (c) 二日市駅ビル歯科クリニック All Rights Reserved.